ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

現在形の否定文 [be動詞を基礎からもう一度シリーズ]

今日はbe動詞の否定文を解説するよ。

博士,僕はポジティブなシマウマくんだからネガティブな話はしないよ。

うん,じゃああくまで前向きに否定文の話をしよう^^

 

現在形の否定文

 

目次

 

否定文は”not"で作る

be動詞の否定文を作るのはとっても簡単で、be動詞の後に not を付けるだけ

 

でも、お高いんでしょ?

いいえ、今ならなんと無料です!ってなんでやねん^^

 

では I am happy(私は幸せです)を否定文にしてみましょう。

be動詞の後に not を付けるのでしたね。

 

I am happy → I am not happy.

 

ほら、簡単でしょう?

 

他の例文もみてみましょう。

1. He is busy. → He is not busy.

2. She is a teacher. → She is not a teacher.

3. We are happy. → We are not happy.

4. They are busy. → They are not busy.

 

このようにすべてbe動詞の直後に「not」を置くことで否定文となります。

 

否定文の意味すること

前回,肯定文の I am happyでは,

I = happy

ということを説明しました(詳しくは下のリンクから!)

 

では,I am not happy はというと...

 

そうです,ご察しの通り,

I ≠ happy となり,意味としては「私は幸せではありません」となります。

 

先程の例文でも確認しておきます。

1. He is not busy → He ≠ busy →「彼は忙しくありません

2. She is not a teacher → She ≠ a teacher → 「彼女は先生ではありません

3. We are not happy → We ≠ happy → 「私達は幸せではない

4. They are not busy → They ≠ busy → 「彼らは忙しくない

 

ねえねえ、「ありません」とか「ない」とか「ですます調」と「である調」がまざってるけどどうなってるの?

 

 
まめ知識

英語には「ですます調」「である調」というものはないと思っていただいてOK。
先生が生徒に話すときも、生徒が先生に話しかけるときも基本的には何も変わりません。

 

be動詞 + not の短縮形

be動詞 + not には短縮形があってそれぞれ,

is not → isn't

are not → aren't

となります(「'」はアポストロフィといいます)。

 

* am not には短縮形はありません。

その代わりと言ってはなんじゃが、I am not は 「I」と「am」を短縮してI'm not とすることができるんじゃよ。

 

まとめ

be動詞の否定文の作り方をみてきましたがいかがだったでしょうか?

肯定文にnot を付けるだけですが,否定文を知っているだけで伝えられる幅が大きく増えますので,初めての方も学び直しの方もしっかりマスターしておきましょう。

 

今日のポイント!○ not が否定文を作る
○ not はbe動詞の直後に置き,意味は≠となる
○ is not → isn't, are not → aren't, I am not → I'm not

 

あとがき

発音を知りたい場合には Google翻訳に英文をコピペしてスピーカーのマークを押すときれいに発音してくれます。

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡