ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

できる!英作文その1-say と tell の使い分けなど

こんにちは,ゴリです。今回は新しい試みとして「できる!英作文・英文ライティング」というカテゴリーを立ち上げてみました。良い題材が見つかったときに都度書いていきますのでなが~い目で見守っていただけると大変助かります^^

 

この記事の流れ

この記事ではまず英作文のお題を1つ提示します。

次に間違えやすいポイントを盛り込んだ「よくある間違い例」をお示しし,それを添削していきます。

最後に添削を踏まえた英訳例をお示しします。

注:英作文や英文ライティングの正解は1つではありませんので,英訳例はあくまで1例に過ぎないと考えてください。

英訳例を見る前にぜひご自分でも英作文にトライしてみてください!

 

今回のお題

「健康維持のためには食事に気をつけないといけない,とよく言われる」

 

よくある間違い例

It is often told that you should take care of foods to keep your health.

 

添削と解説

「よくある間違い例」の改善ポイントをそれぞれ解説します。

 

told

まずこの英文で気になるのが told です。

told は tell の過去形で辞書を引くと「話す」と出ていますので使えそうですが,tell は「(特定の対象に)話す」というニュアンスが強い単語です(例:Hey, Gori, I tell you.....→ ゴリさん,言っとくけど.....)。

このお題のように”一般的に言われる”の場合は say を使います。

It is often told that → It is often said that

 

take care of

take care of も Take care (of yourself)!(身体に気をつけて!)という表現がありますので間違えやすいポイントです。

take care of は「人」を対象にしているときは「世話をする/面倒をみる」,「物」を対象にするときは「片付ける/やっておく(処理しておく)」というような意味になります。

例: Leave it to me. I'll take care of it.

(任せといて。それオレがやっとくよ)

ですから take care of foods だと「foods について処理しておく」というようなニュアンスになってしまいます。

じゃあ代わりに何を使ったらいいの?

そもそも「食事に気をつける」の真意を考えると「何を食べるのかに注意する」ということだと思います。ですからその意味を目指して探してみると,

be careful of pay attention to が使えそうです。

be careful of の careful は中心的な意味が「注意深い」ですのでピッタリです。

同じく pay attention to の attention も「注意(注目!などというときの注意)」ですので使えます。

よって,

you should take care of → you should be careful of(又は pay attention to

とします。

頭の中でやる「食事に気をつける」→「何を食べるのかに注意する」という言い換え作業を和文和訳なんていったりします。真意を捉えるのに必要な大事な作業です。

 

foods

foods は「Nice try!」ですが「食料」という意味ですのでピッタリとは言えません。

「食事」という単語としては diet になります。

えっ?それって「ダイエット」って意味じゃないの?

diet は「日常の飲食物(食事内容)」という意味です。

※「ダイエット」という意味では,I am on a diet.(「ダイエット中です」)という表現があります。

じゃあ,僕はdiet を知らなかったからもう解答できないってことだね。

実はそうではないんです。今日一番お伝えしたいのはここです。

 

今日のポイント! 単語やイディオムがわからないときはそこを迂回(circumvent)して言える方法を探す!

 

どういうこと?

「食事」の場合でいうと diet という単語がわからなければ what you eat(食べる物)というでもでもいいわけです。

それであれば foods はピッタリではないと言いましたが,foods (which/that)you eat とすればそれなりに意味は通りますし,foods to eat というにすることもできます。

※句:2語以上のかたまりでSVを含まない(例:something to eat)

節:2語以上のかたまりでSVを含む(例:what you eat)

なるほど通れない場所をよけて通るんだね!

 

keep your health

keep your healthってまんま「健康維持」じゃないの?

これも落とし穴の一つです。

日本語と英語を突き合わせると「合っている」ように見える

でも残念ながら「英語ではそういう言い方はしない」という場合があります。

keep your health は間違いとまでは言えないけど,ネイティブが聞くと不自然さを感じる表現という感じです。

改善策としては,

keep → maintain で maintain your health にする。

keep を残すなら keep healthy

そこから keep に代えて stay を使い stay healthy とする。

あるいは keep your health に少し加えて keep your health in a good condition にする

などが考えられます。

keep your healthstay healthy

※偉そうに書いていますが「英語ではそういう言い方はしない」というのは僕にもなかなかわかりません。こればかりは多読などで様々な場面の様々な表現を身につけていくしかないのかなと思っています。

 

英訳例

It is often said that you should pay attention to what you eat to stay healthy.

 

あとがき

このカテゴリーで最初の記事でしたがいかがだったでしょうか?

自分にとってもなかなか challenging な試みですので何回続けられるか不安ではありますが,これも勉強と思ってがんばっていこうかなと思いますので,ぜひ一緒に英作文・英文ライティングの力をつけていきましょう。

 

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡