ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

It never rains but it pours - never ... but SV の意味とは?

It never rains but it pours - never ... but SV の正体とは?

 

今回は It never rains but it pours の never ... but SV という用法に焦点を当ててみます。

but には「しかし」や「~を除いて」などの意味がありますが、この場合の but はまた別の意味です。ではさっそくこの never ... but SV の謎解きと参りましょう!

 

never ... but SV の意味

never ... but SV をもう少し分かりやすくするためにちょっと要素を足してみます。

S1 never V1 but S2 V2

意味はこうなります。

 

S1 never V1 but S2 V2 = S2がV2することなしにS1はV1しない 

 

いやいや、ま~ったく分かりやすくなってないんですけど!!

ですよね^^

 

結局、具体例でみるのが一番ということで It never rains but it pours に当てはめてみましょう。

It never rains but it pours の分解図

先ほどの”S2がV2することなしにS1はV1しない”を当てはめると、

「どしゃぶりすることなしに雨は降らない」

となります。

 

It rains は「雨が降る」だから It の意味は出ないよね。これって例文の選択ミスなのでは?

はい^^(小声)。というわけで他の例文をご用意しました。

 

John never comes but he gives me a present.
 S1                 V1           S2   V2

(S2がV2することなしにS1はV1しない)
→ He (S2) が私にプレゼントをくれる(V2)ことなしに John(S1)は来ない(V1)  

 

「降れば必ずどしゃぶり」

It never rains but it pours はことわざで「降れば必ずどしゃぶり」という訳が当てられていることが多いと思います。

 

「どしゃぶりすることなしに雨は降らない」ということは結局「雨が降るときは必ずどしゃぶり」ということを表していますよね。ですから定義を延長して、

 

S1 never V1 but S2 V2
 
= S2がV2することなしにS1はV1しない 

    S1がV1すると必ずS2がV2する

 

ということができます。

先ほどの例文では、

John never comes but he gives me a present.

=John は私にプレゼントをくれることなしに来ない
   → John は来ると必ず私にプレゼントをくれる

 

こっちの訳の方がずっと分かりやすいね。

 

It never rains but it pours の”意味”は?

訳は「降れば必ずどしゃぶり」でいいのですが、問題はこれが一体何を意味しているかです。

答えをいってしまうと「雨」を良くないことの例えとして「悪いことは重なるものだ」ということで「二度あることは三度ある」に相当するとされています。

 

never ... but SV は文語調

ここまでお読みくださった方にとても申し上げにくいのですが、この never ... but SV という表現、話し言葉としてはほぼ使われないようです。さらにおそらく古い表現なのだと思いますが、文章でもほとんど見たことがありません。

It never rains but it pours という言い方が残っていてこれは使われますが、構文としては自分から使うことはあまりないかもしれません。日本語で例えると「むべなるかな」とか「さもありなん」みたいな感じかななんて思います。

 

書き換え

ならば言い換えてみようということなのですが、次の2つの方法で書き換えが可能です。

1)never ... without ~ing

2)Whenever S1 V1, S2 V2

それぞれ変換してみます。

 

It never rains but it pours 

 →1)It never rains without pouring

 →2)Whenever it rains, it pours

 

紹介順とは逆に、

Whenever S1 V1, S2 V2 → never ... without ~ing → never ... SV 

の順で自然な言い方とされているようです。

 

確認テスト

せっかくなので書き換えに挑戦してみましょう。

お題は、John never comes but he gives me a present です。2つの方法で書き換えてみてください。

 

1)John never comes without giving me a present.
2)Whenever John comes, he gives me a present.

 

あとがき

確認テストでは確かに Whenever ... がいちばんナチュラルな感じがします。

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡