ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

もう迷わない not bothと not either の使い分け

もう迷わない not both A and B と not either A or B の使い分け

今回は「もう迷わない not both A and B と not either A or B の使い分け」というテーマでお送りします。
not both A and B が「部分否定」でnot either A or B が「全体否定」なのですが、肯定文では both(両方とも)と either(どちらか)となることを考えると逆とも思えるこの2つがなぜこうなるのか、という疑問にズバリお答えするのが....

 

この僕!

ではなく私です(一応、ブログ管理人ですし**)

 

目次

 

both A and B と either A or B とは?

まずは both A and B と either A or B の簡単なおさらいから。

 

both A and B

both A and B は「AもBも(両方)」という意味でした。

I like both tomatoes and cucumbers.
トマトもキュウリも両方好きです)

Both you and I are wrong.
あなたも私も間違っている)

 

両方だから A and B なんだね。

 

また、both には both of ~という使い方もあり、~のところには2つのもの(または2人)が入ります(3つ以上であれば all of ~となります)。

I have been to both of the places.
どちらの場所にも行ったことがあります)

I know both of them.
どちらも知っています)

 

 
ちょこっと解説1:both of the places と both of them について

both of ~の後の名詞には必ず冠詞の the が必要です(both of the cameras 等)。
また、both of the 普通名詞では of は省略可能です(both the cameras等)。

さらに、both of them と of の後に代名詞が来る場合がありますがこの場合には of を省略することはできません(both them は ×)

 

either A or B

either A or B は 「AまたはB(のどちらか一方)」という意味でした。

You can choose either beef or chicken.
ビーフかチキンのどちらかを選ぶことができます)

Either you or I am wrong.
あなたか私のどちらかが間違っている)

 

Either you or I am の am が波線だね?

 

 
ちょこっと解説:Both you and I are と Either you or I am について

Both you and I の方は Both(両方)にあわせて複数形の are に、

Either you or I の方は「どちらか一方」ですが後ろにある I にあわせて am になります。

 

not both A and B と not either A or B の使い分け

さて準備が整ったところで本題の not both A and B と not either A or B の使い分けに入っていきましょう!

 

部分否定と全体否定

順番が前後しますが、全体否定は「まったく~ない」のように完全に否定しきるようなものを指します。

I don't know that at all.
→ それについてまったく知らない
    → 「知っている」ということを完全に否定

 

一方、部分否定は「必ず(すべてが、いつでも)~とは限らない」のようにその名の通り部分的に否定するような文のことです。

The shop is not always open.
→ その店はいつも開いているとは限らない
 →「いつも開いている」を部分的に否定して「閉店のときもある」と言いたい。

 

僕はいつでもご機嫌だけどね。

いや、そこは部分否定っぽいセリフを言いなよ(やっぱり僕が解説するしかないな、これは)

 

not both A and B と not either A or B の意味

次の例文をご覧ください。

I don't like both tomatoes and cucumbers.

I don't like either tomatoes or cucumbers.

冒頭でご紹介した通り、
not both A and B は「部分否定」
not either A or B は「全体否定」
ですので次のような意味になります。

I don't like both tomatoes and cucumbers.
→ トマトとキュウリのどちらも好きでないというわけではない部分否定

I don't like either tomatoes or cucumbers.
→ トマトもキュウリもどちらも好きでない全体否定

 

でもやっぱり not both A and B が部分否定で、not either A or B が全体否定っていうのが納得できないっていうか...

OK。じゃあ、本題である「なぜ」の考察に!

 

not both A and B と not either A or B の「なぜ」の考察

not both A and B は「AとBの両方ともない=全体否定」、not either A or B は「AかBのいずれかを否定=部分否定」 のようにも思えるのですが実際は逆でした。

これを解明するには not が何が否定しているのかを考える必要があります。
それを自分なりに考察してみました。この説明のために上の例文をもう一度使います。

I don't like both tomatoes and cucumbers.

I don't like either tomatoes or cucumbers.


not both A and B を「全体否定(間違い)」、not either A or B を「部分否定(間違い)」と考えてしまうのは not が like を否定しているとみてしまうから。

I don't like both tomatoes and cucumbers.

I don't like either tomatoes or cucumbers.

この場合 both では「トマトもキュウリも両方を好きでない」 、either では「トマトとキュウリのどちらかが好きでない」という風に見えてしまいます。

 

正しく解釈するにはこれらの文を次のように考えます。

I like not both tomatoes and cucumbers.

I like not either tomatoes or cucumbers.

not の位置が変わって、not both と not either が現れました。
これで「not は both、either を否定している」ということがよりはっきり見えてきます。

 

つまり、どういうこと?

 

実はあまりひねりもなく本当に「not は both、either を否定している」ということで、
not both =「両方ではない」
not either =「どちらかではない」

を表しています。

そしてこれらの文はこういう意味と捉えることができます。

I like not both tomatoes and cucumbers.
好きだ、(でも)トマトとキュウリの両方ではない
 → トマトとキュウリの一方だ=部分否定

I like not either tomatoes or cucumbers.
好きだ、(でも)トマトかキュウリのどちらかではない
 → トマトとキュウリ以外が好き=(トマトとキュウリに関して)全体否定

 

ということは I don't like both tomatoes and cucumbers って言った場合は「トマトかキュウリの一方は好き」ってこと?

Exactly!

 

まとめ

今回はここがポイントでした。

今日のポイント! ○ not both (A and B) は「both(両方とも)」を否定して「両方ともというわけではない=部分否定」 

○ not either (A or B) は「either(どちらか)」を否定して「どちらかではない→AでもBでもない=全部否定」

 

確認テスト

最後に確認テストをご用意しました。問題を解いて正しく理解できたかを確認してみてください。

カッコの中に both、either、and、or  のいずれかを入れてください。

1. He doesn't know (        ) John (        ) Mary.
(彼はジョンとメアリーのどちらも知っているというわけではない)

2. I don't have (        ) a car (        ) a bike.
(車も自転車も持っていない)

3. He doesn't know (        ) of them.
(彼は彼らのどちらも知っているというわけではない)

4. I don't have  (        ) of them.
(どちらも持っていない)

1. He doesn't know both John and Mary.
2. I don't have either a car or a bike.
3. He doesn't know both of them.
4. I don't have either of them.

 

あとがき

both と either が否定形になるとなかなか曲者でしたね。「もう迷わない」なんていっておいてなんですが、もし迷ったら「not は both/either を否定」ということだけを思い出せればそこから正解を導き出せるはず。 

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡