行けたらいいんだけど、行けないや [今日の英作文]



目次

 

今日の英作文

 

英作文:行けたらいいんだけど、行けないや

 

解答

では答え合わせです!

 

「行けたらいいんだけど、行けないや」

I wish I could (come), but I can't.

 

できましたか?

 

今日のポイント

ここからは問題文の解説です!

さて、今日のポイントはココ。

I wish + 仮定法過去

では、詳しく見ていきます。

 

前回は典型的な仮定法過去の問題でした(前回の記事で仮定法の基本事項をおさらいしたので今回は割愛します)。
今回も仮定法過去で仮定法といえばコレという問題です。

 

I wish!

そう、I wish!

 

I wish + 仮定法過去は「~だったらなあ」という意味で実際はそうではなくて残念な気持ちを表現することができます。

 

今回の英作文「行けたらいいんだけど」は次の2つのことから I wish + 仮定法過去を使うケースということになります。

*事実と反する現在の仮定
*行けなくて残念な気持ち

 

よって
I wish I could (come) 

が正解になります。

 

2つ質問!
1. (come) のカッコって何?
2. そもそも「行く」だから come じゃなくて go じゃない?

 

(come) はこの come が省略可という意味です。
Aさんが Will you come ~? と聞いた後の答えですから come であることが明らかであるというのがその理由です。


2番の「行く」だから go は間違いです。
Aさんが come to my party と言っていてこの時点で意識がAさんのパーティー(集まり)に行っています。
こういう場合は Aさん目線で考えるというのが英語の特徴です。
AさんからするとBさんは「来る」ので動詞としては come を選択します。

この come の使い方の説明でよく使われる典型的な例がこちら。

C:Dinner is ready.

D:I'm coming.

 

なるほど。Cさん目線なんだね。

Exactly!

 

あとは後半の「行けないや」は事実と反する仮定ではないので単純に現在形で 
I can't 
とすればOK。


最後に前半と後半を逆説の接続詞 but でつなげれば今回の英作文は完成です!

「行けたらいいんだけど、行けないや」
  ↓
I wish I could (come), but I can't.

 

以上、今回は I wish + 仮定法過去の英作文に取り組みました!

 

あとがき

英作文は Practice makes perfect(習うより慣れろ)の世界ですから、たくさん問題をこなせば実力アップ間違いなし!

 

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡