ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

The jury is (still) out [使える?!英語フレーズ]

The jury is out


今回ご紹介する表現は The jury is (still) out. jury というのは「陪審」(グループとしての陪審で、陪審員は a jury member 又は a juror)のことですから、The jury is (still) out というのは「陪審は(まだ)外」ということになります。問題はこの「陪審は(まだ)外」の表す”意味”ですが...

(注:The jury is (still) out の (still) がない The jury is out のパターンもあるためカッコに入れています)

 

陪審が外にいるということはすなわち「評決は(まだ)出ていない」ということです。これがもともとの意味。

 

ということは別の意味があると?

別の意味というか派生の意味があるんだ。

 

「まだ評決が出ていない」というのは裁判の話ですが、The jury is (still) out は裁判以外でも使うことができそのときは「結果(最終判断)は(まだ)出ていない」という意味になります。

~についての結果(最終判断)は出ていない」と言いたい場合には on を付けて The jury is (still) out on ~ とします。

 

The jury is still out on the efficacy of the new drug.
(当該新薬の有効性についての最終判断はまだである

The jury is out on whether or not the plan is a success.
(その計画の成否については結果は出ていない

 

ジュリーと聞くと思い出すなぁ。♪壁際に~

ストップ、スト~ップ!!著作権とかあるから!(ていうか君歳いくつだっけ?)

 

気を取り直しまして^^、今日のまとめです。

今日のポイント! ○ The jury is (still) out のもともとの意味は「評決は(まだ)出ていない」
○ 派生の意味は「~についての結果(最終判断)は出ていない」

 

 

あとがき

例文にちょっとメディカル翻訳者らしいのを入れてみたりして。

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡