ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

slip through one's fingers [使える?!英語フレーズ]

今回は slip through one's fingers という表現のご紹介。

slip は「すべる」、through は「~を通って」、one's figures は「指」でこれを合わせると「指を通ってすべる」。

 

指を通ってすべる?うん、わけわかんない。

 

このように直訳するとちょっと???となるこの表現も一つのイメージを思い浮かべるとストンと腑に落ちると思います。

 

そのイメージとは?

 

では想像してみてください。あなたは今、海岸にいます。砂を手ですくって。指の力を抜くと砂が指の間からこぼれ落ちていきます

この様子がまさに slip through your fingers です!

 

ということで、

slip through one's fingers= ~を逃す

という意味になります。

 

slip through one's fingers

 

ではどんなものを逃すのかを例文で確認していきましょう。

1. Don't let this opportunity slip through your fingers.

この機会逃さないで

 

2. The officers cornered the suspect, but he slipped through their fingers.

(警官は容疑者を追い詰めたが、容疑者あと少しのところで逃げられてしまった) 

 

3. The title slipped through his fingers.

(彼はあと少しのところで優勝逃した

 

2番と3番の訳に「あと少しのところで」ってあるのはなぜ?

 

砂が指からこぼれ落ちてるということは触ってはいます。でもその砂が落ちるのを防げなかった。ということで「あと少しのところで」というニュアンスが含まれてきます。

 

 

The Free Dictionary というネット上の辞書では

slip through one's fingers = to narrowly fail to achieve .....

と narrowly(ぎりぎりで)という言葉が定義の中に入っています。

 

結局、something/someone slips through one's fingers の主語であるsomething/someone、つまり”逃すもの”は「何かのチャンス」や「容疑者」、「お金」など掴めそうだったものということでした。

 

 

あとがき

ちなみに one's finger と単数形にしてしまうと指を突き抜けてしまうので必ず fingers と複数形で^^

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡