ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

最上級の基礎をおさらい

f:id:Translish:20220412142001p:plain

 

原級,比較級とくれば?

超特急!

最上級ね^^

 

目次

 

最上級とは?

そもそも最上級ってなんなの?

 

比較級は基本的には2つのものを比べる言い方でした。

*「彼らは僕よりも足が速い」は2人の比較ではありませんが、「彼ら」をグループ化して考えこれも2つの比較とみなします。

 

これに対し最上級は「3人の中で一番背が高い」とか「日本一高い山」など「3つ以上のものの中で一番程度が大きいまたは小さい」ことを表す言い方です。

*「A君、B君は僕よりも足が速い」という場合、A君とB君をグループ化することなく個別の比較対象としています。このような場合には最上級を使います。

 

なるほど。それで最上級ってどうやってつくるの?

 

最上級の作り方

ここでは最上級の作り方について次の2つのポイントを確認します。

最上級のポイント○「-est を原級の語尾につける」または「most を原級の前につける」 
○ the がつく場合とつかない場合

 

「-est を原級の語尾につける」または「most を原級の前につける」 

最上級は、

☆「-est を原級の語尾につける」または「most を原級前につける」

ことでつくります。

例:hottest, most interesting など

 

どのような場合に語尾に-est をつけ、どのような場合に most を前につけるのかですが、それには比較級の場合と同じく次のようなルールがあります。

 

○ 1音節からなる短い単語:原級の語尾に -estをつける

例:small→smallest, tall→tallest, old→oldest など

 

○ 2音節以上の長い単語:原級の前に most をつける

例:generous(気前がよい)→ most generous, expensive(値段が高い)→ most expensive など

 

でも,比較級のときと同じで -est の付け方にも細かいルールがあるんでしょ?

そうなんだよね、残念ながら。

 

語尾の付け方のルール

ただ、-est をつけるだけでない場合は次のようなときです。

 

1. eで終わる単語 → -st だけをつける

例:nice→nicest, strange(奇妙な)→strangest など

* niceest は X。

 

2. 短母音(短く発音する母音)+ 1子音字で終わる単語 → 子音字を重ねて-est をつける

例:hot→hottest, big→biggest など

 

3. 子音字 + y で終わる単語 → y を i に変えて -est をつける

例:happy→happiest, lucky→luckiest など

 

 

 
比較級のルールでも説明しましたがポイントは「発音」。発音に注目するとなぜこのような変化をするのかがわかりやすいです。

 

the がつく場合とつかない場合

形容詞・副詞の最上級は the の有無で次の3つの場合が考えられます。

  1. 名詞を修飾する形容詞(the がつく
  2. 形容詞が叙述用法 [SVCのC(補語)]で使われるとき(the がつかない
  3. 副詞(the がつかない

これについては別記事で少し詳しく触れようと思います。

今回は基礎編ということで1番のみを取り扱います。

 

1番は the most beautiful flower のような形です。

なぜ1番だけ the が必要かといえば「最も美しい」と限定された「花」だからです。

the は特定のものを表す定冠詞。この「特定」というのミソです。

形容詞の最上級は「3つ以上の中で一番」を表すということですからそれの修飾を受ける名詞は特定のものということになります。そのため the が必要というわけです。

 

例文で確認

言葉での説明だけでは分かりにくいので例文を見てみましょう。

1. This is the most expensive car in the world.(これが世界で一番高い車だ)

2. That was the most exciting movie.(あれは最高にエキサイティングな映画だった)

3. Mt. Fuji is the highest mountain in Japan.(富士山は日本で一番高い山だ)

4. He is the tallest student in this class.(彼がこのクラスで一番背が高い生徒だ)

 

上で説明したポイントを確認すると、

☆例文1と2は2音節以上の長い単語だから most 、3と4は1音節の単語だから -est となっています。

☆ the + 形容詞の最上級 + 名詞 の形になっています。

 

まとめ

最後に今回ご紹介した最上級のポイントをもう一度確認します。

今日のポイント! ○ 最上級は3つ以上のもの比べて一番○○だを表す表現
○ 1音節の短い単語は most を前につける
○ 2音節以上の長い単語は -est を語尾につける(つけ方のルールあり) 
○ the + 形容詞の最上級 + 名詞 の形

 

あとがき

今回、大幅に書き直して、余分なものを省き最上級の基礎がわかる内容にしました。

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡