ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

一般動詞の現在形をマスターしよう(三単現編)

一般動詞の現在形をマスターしよう(三単現編)

 

今回は英語で避けては通れない三単現について。

 

 目次

 

この記事で学べること

この記事では大きくわけて次の3つのポイントについて解説します。

 

今日のポイント!  ○ 人称って何だ?
○ 三単現(三人称,単数,現在)は特別
○ 三単現のsのバリエーション 

 

人称って何だ?

三単現とは何かを知るためにまず「人称」について押さえておきましょう。

 

人称には,一人称,二人称,三人称があり,それぞれ

一人称:話しかける側

二人称:話しかけられる相手

三人称:それ以外の人など

となっています。

 

それを表にしたものがこちら(↓)

 人称  対象  単数  複数
一人称 話しかける側  I  We
二人称 話しかけられる側  You  You
三人称 それ以外  He, She, It, Taro etc.  They, Taro and Mike etc.

 

三単現(三人称,単数,現在)は特別

 

そもそも三単現って何?

 

三単現というのは三人称、単数、現在のこと。

 

三単現が特別なのは,三単現のときは一般動詞の形が変化するという点。

そしてその変化とは動詞にs がつくことです。いくつか例を見てみましょう。

I play tennis.(僕はテニスをします)

      → He plays tennis. (play → plays)(彼はテニスをします)

We walk to school. (私たちは歩いて学校に行きます)

      → She walks to school. (walk → walks)(彼女は歩いて学校に行きます)

 

三単現のsのバリエーション

すべての単語にただ s がつくだけだと比較的簡単なのですが、違うパターンがあるのがややこしいところで、動詞の語尾によってsのつけ方が変わるのです。

ただし、特殊な変化の方が数が少ないのでそちらを覚えてそれ以外単にsをつければOK。

 

s, o, ch, shで終わる動詞の場合はesをつける

s, o, ch, shで終わる動詞ではsではなくesをつけます。

 

es がつく単語の例

sで終わる例:pass→passes

oで終わる例:go→goes

chで終わる例:watch→watches

shで終わる例:finish→finishes 

 

発音が特殊な場合

注:説明のため発音をすべてカタカナ表記としていますが、実際の発音とは異なりますので正確な発音を Google翻訳などで確認するようにしてください。

 

三単現の s の発音は次の3つのパターンがあります。

と濁るパターン(基本)

となり濁らないパターン

となるパターン

ーズとなるパターン

 

と濁るパターン(基本)

と濁るのが基本パターンです。

例:

plays(プレイ) 、buys(バイ)、drives(ドライブ) 

 

となり濁らないパターン

語尾が f, k, p の場合 にはズではなくになります。

例:

surfs(サー)、looks(ルッ)、helps(ヘル

 

となるパターン

語尾が t で終わる場合には s の音と重なってになります。

例:

visits (ビジッ)、meets(ミー

 

となるパターン

語尾がs, ch, shで終わる場合は es がついて発音は となります。

例:

kisses(キシーズ), catches(キャッチーズ)、wish(ウィッシーズ

 

 

 
ちょこっとメモ:なぜ“濁らない”のか?

たとえば,looks を濁らせてルックズのように発音してみてください。とても発音しにくくないでしょうか?
この「発音しにくい」という感覚がとても大切です。

 

さらに特別な場合

have は haves とならず has になります。

have → has

 

また,doはoで終わるのでdoes となりますが,発音がドゥーズやドゥーイズではなくダズのようになります。

do → does 

 

 
has と does はこのまま覚えてしまいましょう。

 

あとがき

今回は発音も大事ですのでGoogle翻訳に限らず何らかの方法で発音を確認するようにしてください。

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡