ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

「クレーム」を claim と訳すと complain される件 [使える?!英語フレーズ]

いわゆる「カタカナ英語」というのは結構厄介なものでそのまま使うと全然違う意味だった、なんてことも。

そして今回ご紹介する「クレーム」もその一つ。「クレーム」≠ claim なんです。

 

じゃあ、claim の本当の意味は何?

 

claim の意味と例文

claim に「クレーム」という意味はなく本当の意味は、

 

claim  
= 自説を述べる(主張する)、(当然の権利として)要求する、自分のものだという、(命などを)奪う

 

カッコだらけ?!

そうなのよ。ただの「主張する」や「要求する」、「奪う」では誤解を生むかもしれないから。

 

例文でニュアンスを確認しましょう。

Mike claims that he is telling the truth.
(マイクは真実を話していると主張している

She claimed a reward.
(彼女は報酬を要求した

Does anyone claim this bag?
(このバッグを自分のものという人はいますか→このバッグの持ち主はいますか?)

The team claimed the title.
(そのチームがタイトルを奪った→そのチームが優勝した)

 

*「主張する」は別の例でいうとたとえば何らかの事件の容疑者が「自分は無罪だと言っている(He claims to be not guilty)」というような使い方のイメージです。

*「報酬」を当然の権利として「要求」しています。

*この意味の名詞版は空港で見かけますね。そうです baggage claim(手荷物受取所)!

*命だけでなく「タイトル」なんかも奪ったりします。ただし、ボクシングの挑戦者がチャンピオンに勝って「タイトル奪取」というだけでなく単に優勝したときでも claim を使うことができます。

 

ではお待ちかね。「クレーム」を英語で言ってみよう!

ガッテン承知!

 

「クレーム」を claim と訳すと complain される件

 

「クレーム」= compaint

日本語の「クレーム(苦情)」は英語では complaint が当てはまります。

例:苦情の手紙= a letter of complaint

 

動詞は t が取れて complain

意味は「クレーム(文句)を言う」です。

Stop complaining already!
(いい加減文句言うのやめろ!)

I'm sick and tired of complaints.
クレームにはもううんざり)

 

complain about か of か

次に「~に文句を言う」という場合の前置詞について考えます。

complain は自動詞なので目的語をとりません。そのため前置詞が必要なのですが、complain につく前置詞は2つあります。

complain about

complain of

 

このうち「~に文句を言う」は complain about の方を使います。

もう一方の complain of は主に「(症状などを)訴える」という意味で使われます。

He is complaining about the quality of the product.
(彼はその商品の品質について文句を言っている

She is complaining of back pain.
(彼女は腰痛を訴えている

 

まとめ

では最後に今日のポイントのまとめです。

今日のポイント! ○ claim に「クレーム」の意味はない
○ 「クレーム」は complaint、動詞は complain
○ complain about は「~に文句をいう」、complain of は「(症状などを)訴える」

 

あとがき

ニュージーランドでの語学留学中の授業で a letter of complaint を書く練習をしました。ケンブリッジ英検(CAE)に出題される可能性があるという理由からです。意外にもこれは「丁寧な」英語を書く練習でした。読んでもらえなかった始まらない、それが a letter of complaint だ的な説明をおぼろげながら覚えています。

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡