ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

last but not least -「最後だけど最小じゃない」の真の意味とは?

last but not leastについて

今回ご紹介するのは Last but not least 。

早速解説にまいりましょう!

 

目次

 

意味の解説

なになに「最後だけど最小じゃない」とは何じゃラホイ?

 

と直訳するとこんな感じなのですが,ちょっとわかりやすくするために least の後に important が省略されていると考えてみましょう。そうすると,

 

Last but not least important

 

となります。

 

 
ちょこっとメモ

スペルの長い単語を最上級にするときは普通 most をつけますが,
least をつけると否定の意味の最上級になります。

例:most expensive(最も高価)

   ⇔ least expensive(最も安価

 

これを踏まえて last but not least important は

 

「最後ですが重要性が一番低いわけではありません」

 

という意味になります。

 

使い方

使い方は次の通りです。

今日のポイント!
Last but not least は,
○ 何か話をしていて最後の話題を話す前に使う(例:リストを順番に紹介していって最後のモノ/人を紹介する前など)

 

用例

具体的はこんな感じ。

1. Last but not least, I want to introduce my favorite textbook.

2. Last but not least, I'd like to thank you all for your kind for your kind support.

3. Last but not least on our list is this fabulous new product.

 

3番は倒置ですが,There is ○○ と同じような使い方と考えるとわかりやすいかもしれません。

(訳は後ほど)

 

少しおまけ的なことですが,certainly を挟んで,

Last but certainly not least

という言い方もよくされるようです。少し強調されますが意味的には同じです。

 

 
単語メモ
favorite = お気に入りの
fabulous = 素晴らしい

 

 

「最後ですが重要性が一番低いわけではありません」は...

 

英会話やライティングで使うときには「訳」はあまり関係なのですが,細かいことが気になってしまうのが、僕の悪い癖。

なぜに似てないモノマネぶっ込んできた?!

 

意味はこれで良いとして,このはさすがにちょっと。

語呂が悪いといいますか,英語のリズム感がないといいますか。

 

というわけで”もう少しマシな訳を考えよう”のコーナー!

結局は日本語で「何か話をしていて最後の話題を話す前に使う」言葉を当てるのが一番いいのではないかと。

 

となると?

そうするとこうなるんじゃないかなと思います。

 

「最後になってしまいましたが」

 

「なってしまいましたが」に「重要性は低くないよ」というニュアンスを含めたと考え least をあえて言葉にしなくてもいいのではないかと。

 

用例の訳

1. Last but not least, I want to introduce my favorite textbook.

 → 最後になってしまいましたが,僕のお気に入りの教科書をご紹介させてください。

 

2. Last but not least, I'd like to thank you all for your kind for your kind support.

 → 最後になってしまいましたが,皆さまの温かいご支援に感謝いたします。

 

3. Last but not least on our list is this fabulous new product.

  → 当社リストの最後を飾るのはこの素晴らしい新製品です。

 

最後ちょっと違うけど,なんで違うの持ってきた?

ごめん。僕もそう思ったけど,書いたもの消すのもアレだし...

 

ということで3番のような場合には「最後だけどこれまでと同等に価値があるよ」という意味を込めて「最後を飾る」という訳を当てられるかな,と思います。

 

あとがき

いかがだったでしょうか?なんとなくこのフレーズをご紹介したいと思って書き始めたのですが,なかなかどうして思うように筆が進まず参ってしまいました。
And last but certainly not least, thank you for reading to the end!

また,遊びに来てね♡