ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

get, become, go, turn はそれぞれ何がどう「なる」のか?

怒ったり、腐ったり、赤くなったり、get, become go, turn + 形容詞を使うと「ある状態になる」ことを表現することができます。それぞれ適したシーンがあり、この記事を読めばそれぞれを適材適所で使うことができるようになります!

 

という、誇大広告気味のあおり文句!

し~!!!

 

get, become, go, turn

 


目次

 

 

get

get, become, go, turn の中では一番よく見るのが get かもしれません。

 

I get happy when I hear birds singing.
(鳥の歌声を聞くとうれしくなる

He got drenched in the rain.
(彼は雨でずぶ濡れになった

She is getting better and better at playing the piano.
(彼女はどんどんピアノを弾くことがうまくなっている→ピアノが上達している)

 

このように get は、

☆ get + 感情の形容詞(e.g. happy, angry, sad)

☆ get + 形容詞化した過去分詞(e.g. drenched, excited, irritated) 

☆ get + 形容詞の比較級(e.g. better, stronger, bigger)

 

という形でとても幅広く使われます。

とはいえいつも get を使っておけば OK というわけではないところが辛いところ。

 

いや、面白いところ!

恐れ入りました!

 

become

become は get とほぼ同じ使い方ですが、よりフォーマルなシーンで使います。

 

I become happy when I hear birds singing.
(鳥の歌声を聞くとうれしくなる

He became drenched in the rain.
(彼は雨でずぶ濡れになった

She is becoming better and better at playing the piano.
(彼女はどんどんピアノを弾くことがうまくなっている→ピアノが上達している)

I want to become a doctor.
(医師になりたい)

 

get と形容詞の組み合わせと同じように使える become ですが、1つ get では表現できない状況があります。それが、

 

「職業」になる

 

という使い方。

一番下の become a doctor を get a doctor とすると「医者を呼びたい」になってしまいます。

 

become と be の違いについても過去の記事でご紹介していますのでよろしければ合わせてお読みください。

englishluke.com

 

go

go の用途は get や become と比べると少し限定されます。

 

Let's go wild.
(ド派手にいこうぜ

He went wild when he got kicked.
(彼は蹴られてブチ切れた
* go wild はともかく「プッツンした状態になる」感じです。

Goku, go Super Saiyan.
(悟空、スーパーサイヤ人になれ

The milk went sour/bad.
(牛乳が腐っちゃった
*sour は「酸っぱくなっちゃう」、bad は「悪くなっちゃう」でともに腐っちゃいます。

 

go + 形容詞 は少しトリッキーで、使える場面、

 

☆ 人の性格、外見、身体能力などが変化する場合

☆ 悪い変化の場合

 

にが限られます。

 

「人の性格、外見、身体能力が変化する」というのは上の例文の go wild や go Super Saiyan が該当します。この他、

go + bald(はげる)、blind(目が見えなくなる)、deaf(耳が聞こえなくなる)、crazy(気が狂う)

などがあります。

 

「悪い変化」の例としては go sour/bad(腐る)や go brown(葉っぱが枯れて茶色くなる場合など)があります。

 

Go Super-Gorillan, Gori-san.

いや、なれないし、そもそもスーパーゴリラ人ってなんだよ^^

 

turn

turn は主に”色”に関する変化です。

 

The leaves turn red in fall.
(秋には紅葉する)

He turned pale with fear.
(彼は恐怖で青ざめた

 

このようにただ色が変わる場合には turn が使えます。

 

turn into

これは turn into + 名詞となるため今回ご紹介している get, become, go, turn + 形容詞とはその点で違いますが、turn と「変わる」つながりでということで^^

 

The caterpillar turned into a butterfly.
(幼虫が蝶になった

This car turns into a boat.
(この車、船になるんだ)

My dream turned into reality.
(夢が現実になった

 

このように turn into は 全く別物になることを表現します。

 

まとめと小テスト

いかがだったでしょうか?

get, become, go, turn はそれぞれ適したシーンが違いました。 

小テストをご用意しましたので、今回の内容の理解度を確認してみてください。

 

次のカッコ内に合うように get, become, go, turn のいずれかを必要であれば変化させて(過去形など)入れてください。

(1) She ( )a doctor last year.
(彼女は昨年医者になった)

(2) Blue Litmus paper( )red under acidic conditions.
(青いリトマス試験紙は酸性で赤くなる)

(3) Hey guys, don't ( ) too nervous.

(おいみんな、緊張しすぎるな)

(4) I've( )broke.

(一文無しになった)

 

答え:(1) became, (2) turns, (3) get, (4) gone

解説:(1) 「職業になる」は become でしたね。
   (2) 色は turn。
   (3) ちょっと会話的なので become よりも get の方がベターかなと。
   (4) go broke で「破産する」

 

あとがき

ここのところ「違い」や「使い分け」といった記事を多く書いていますが、いざ会話となればともかく発信することが大事です。「間違っても いいじゃない ゴリラだもの」ゴリ夫

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡