ルーちゃんの🐾英語教室

ルーちゃんとゆかいな仲間たちがお届けする夢いっぱいの冒険活劇....ではなく,英語学習に役立つ情報をお届けします!

関係代名詞の制限用法-非制限用法を攻略!

今回は関係代名詞の制限用法と非制限用法の基本を解説するよ。

僕は非制限用法の方が好きさ,だって僕はあの雲のように自由気ままに生きるのさ。

いや,それ雲のジュ○ザのセリフだよね。というか非制限用法は自由きままってのとはちょっと違うし^^

 

目次

 

関係代名詞の制限用法と非制限用法とは?

関係代名詞についてはこちら↓でも解説していますのでよろしければご参照ください。

englishluke.com

 

制限用法と非制限用法のイメージ

さて,制限用法と非制限用法を簡単にまとめると,

制限用法 = 対象を限定する

非制限用法 = +α の説明を付け足す

というイメージです。

 

これを図で表すとこんな感じ。

f:id:Translish:20210529100432j:plain

 

おう?この図の意味をちょっと説明してもらおうかな。

制限用法は「いくつかある中のこの赤の★ですよ」というように限定する機能。

非制限用法は「○があるけど実はオレンジ色で中に☆のマークがあって」のように補足の説明をする機能。

 

をそれぞれ果たします。

 

非制限用法はコンマ(,)で判別

Written English(書き言葉)の場合,非制限用法ではコンマ(,)が置かれますので簡単に判別できます。

例:I got a mail from Dr. Owl, who asked me to call him.

(アウル博士からメールがあって電話してとのことだった)

 

じゃあ,話すときは?

話すときはこのコンマ分だけ”間”を空けます。

こちらで違いをお聞きください。

非制限用法

制限用法

微妙な”間”の違いが聞き取れたでしょうか?

 

それでは制限用法と非制限用法をそれぞれもう少し掘り下げていきましょう。

 

制限用法

繰り返しになりますが制限用法の機能は限定でした。

ここでは具体的にそれが何を意味しているのかを解説していきます。次の例文をご覧ください。

 

The friend of mine who plays tennis well is Mike.

(僕の友人でテニスがうまいのがマイクです)

 

この文は「僕の友人(複数いる)」の中で who plays tennis well「テニスがうまい」という限定をして,それが Mike だと言っています。

 

この文は,

1. A friend of mine plays tennis well.

2. He is Mike.

を関係代名詞 who を使って一つの文にしていると考えることができます。

 

ねえねえ,2つの文では A friend of mine だったのが元の1つの文では The friend of mine って The になってるんだけど?

関係代名詞から少し話は逸れますが,元の The friend of mine はテニスがうまい友人が Mike だけである場合を想定しています。もしも The ではなく,

A friend of mine who plays tennis well is Mike.

とした場合「テニスがうまい友達が複数いてその中の一人が Mike です」という意味になります。

 

いずれにしても「友人」という大きな括りに「テニスがうまい」という限定を付けているというのがこの関係代名詞の制限用法です。

 

非制限用法

非制限用法は補足の説明をする機能でした。

それをもう少し具体的にみてみます。

 

This racket is spin-friendly, which I was using before the current one.

(このラケットはスピンがかけやすくて,今のラケットの前に使っていました)

これは which 以下「今のラケットの前に使っていました」が This racket を限定しているのではなく(他のラケットがある中で this racket に絞る役割をしていない),this racket の補足説明をしています。

 

また,文の最後ではなく途中に非制限用法を入れるパターンもあります。

The car, which has long been left parked here, is actually a super nice one.

(その車,ずっとここに駐車しっぱなしなんだけど,実は超かっこいい)

 

この例文は which 以下で「駐車しっぱなし」という補足説明を足しています。

もしさ,コンマがなかったらどうなるの?

この文からコンマ(,)をとって制限用法にすると

The car which has long been left parked here is actually a super nice one.

「ずっとここに駐車しっぱなしのその車は実は超かっこいい」という意味になります。

 

あんまり変わらない気がするんだけど?

日本語だとあまり変わらない感じがしますが,制限用法であるこの文は「他にも車があるが超かっこいいのは the car だ」という意味に解釈できます。

 

 
ちょこっとメモ

関係代名詞の非制限用法での注意点としてthat は使えないのでご注意ください。
上の例でいうと The car, that has long been left parked here とすると間違いになります。

 

今日のポイント! ○ 制限用法は「限定」
○ 非制限用法は「補足説明」
をする機能を果たす。

 

あとがき

今回は関係代名詞の制限用法と非制限用法をざっくりとみてきました。というか詳細に書こうと思って始めたのですが,奥が深すぎて無理でした^^

最後まで読んでくれてありがとう!!また,遊びに来てね♡